テーマも何もありません・・・ただ感じるままに・・。
私の記事によるトラブルの責任は・・・・つか!?知ったこっちゃあらしまへん(笑)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 愛車“パッチャンプ”くん | main | ポケモン >>
6月に読んだ本
6月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1554ページ

夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
浮気の定義どころか良いのか悪いのかすら考えた事無かった。ましてや不倫についてなど・・。したたかなのは女性なんだな、男はアホですな・・・いや女性の方が賢いんですな。 それはともかくコレはバブルの頃流行った不倫のラブストーリーなヒューマンドラマなのかな?と読み進めるとやっぱミステリーやった。でもミステリー的要素は少なく、やっぱヒューマンドラマやな。 オマケは 想像通り(笑)。 結局のところ・・・要するに・・・『男はアホや』に尽きる話しでした。
読了日:06月30日 著者:東野 圭吾
黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家 (角川ホラー文庫)
ホラー小説って事で 心霊・怪現象なのかな?と期待せず読み始めましたが、全然違った、めっちゃ怖い!。この状況でこの冷静さは?とか、くどいぐらいの心情描写とか、やくざ崩れにまで勝ってしまうおばさんとか・・・色々突っ込みどころは多々あるものの 恐い恐い!! こんな奴おんのか?イヤおんねんで!。昨今の子供絡みの事件とか、保険絡みの事件とか、背景にはこんな奴がホンマに実在してんねやろなと、心底震撼しました。文章も展開も引き込まれます。
読了日:06月26日 著者:貴志 祐介
卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)
先が気になって一気に呼んじゃいましたが、雪月花の解説をスルーせず 一緒に推理すればもっと楽しめたのかも・・・。 万人が楽しめるミステリーと言えば東野さん、鉄板で面白かったです。
読了日:06月18日 著者:東野 圭吾
13階段 (講談社文庫)13階段 (講談社文庫)
重い・・・超重い。。。死刑執行の描写なんかは気持ちが重くなった、って言うか気分が悪くなった。 イヤ、面白くなかったんやなく、面白かったんですよ。色々考えさせられました。 最終章の告白はビックリ!素直に(単純に?)驚きました。最後の最後で全ての辻褄が合いスッキリ。 私的にはかなりの高評価です、今まで面白いと思ってた作家さんの作品が色あせるほどの。。。
読了日:06月08日 著者:高野 和明

読書メーター
Posted by : ORI | 映画・本 | 21:38 | comments(2) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:38 | - | -
コメント
こんばんは!

13階段ってそんなに面白かったんですか!
気になります。

黒い家、めっちゃ怖いですよね。
私、1週間位はひきずりました・・・
これ、ドラマにもなってて、あのおばさん役が
大竹しのぶなんですけど、マジで怖いです。
最後のキレっぷりがすごすぎて笑ってしまいます。

卒業は加賀恭一郎の一番最初のやつですよね?
まだまだ初々しい加賀刑事が(刑事ちゃうけど)
とっても好印象でした。
雪月花のとこはわからなくて何回も読み返しました^^;

それから、ブログ引越しました。
URL変更よろしくです♪
| いも | 2011/07/09 10:28 PM |

■いも
おはよー
13階段、面白かったですよー! 横山秀夫が面白いなら楽しめるかと(>どちらも男性が好む作風かと)

黒い家は超怖かった(@_@;) ホントっひきずりましたよぉ
そうそう、ドラマもあるのかぁとネットでチェックしたんすが・・・
そんなに凄いとですか!?「乳吸ぇーーー!」のやつっすよね?
仁の竜馬が出てた、、、見たいような・・見たくないような。。。

加賀シリーズは、東野さんで一番好きっす!

ブログ引っ越し・・・了解でつ
| ORI | 2011/07/10 6:36 AM |










TOP