テーマも何もありません・・・ただ感じるままに・・。
私の記事によるトラブルの責任は・・・・つか!?知ったこっちゃあらしまへん(笑)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< ワンセグ | main | The Curious Case of Benjamin Button >>
『うつくしい子ども』 (石田衣良)
出版社 / 著者からの内容紹介
学園都市を震撼させた9歳の女の子の猟奇殺人。犯人は、13歳の弟のカズシと判明。殺人現場に残されていたサイン<夜の王子>はカズシなのか?
「本当のぼくは、どこにいる?」という弟の心を解明しようとする14歳の兄の闘い。感動のミステリー!

昨年末に東野圭吾原作の映画『手紙』を観。 で、この前に読んだ本が『さまよう刃』。 奇しくも凶悪犯罪加害者家族少年法に焦点をあてた作品に立て続けに触れました(>『さまよう刃』は被害者家族で、『手紙』は少年では無いですが)。

いずれも、マスコミのあり方や、社会(って言うか、とりまく世間?)のあり方について それぞれの表現で語られるわけですが。 読んでる間は主人公に感情移入してしまうので、わからなくも無いが、近い距離で起こると、そうも言ってられないのではないかと。。。。 (自分独りで生きているのならまだしも)やっぱ生活乱されたくないし、家族の安全の為にも異物は排除しようとすると思います。

そんな内容(切り口?)の小説では無いのですが、3作が続いたからか?そんな事を考えながら読んでました。

Posted by : ORI | 映画・本 | 14:37 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 14:37 | - | -
コメント









TOP